b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンサマービッグセール

 

 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

特別な点として敏感肌傾向の方は顔の肌が弱いので、洗い流しが完全に行っていない状況だと、敏感肌もち以外の人と比較して、肌の負荷が大きくなることを記憶しておくように意識してください。
ビタミンCたっぷりの高い美容液を、顔にできたしわの部分にケチらず使用することで、体表からも完治させましょう。ビタミンCを含んだ食品は排出されやすい物質なので、こまめに補いましょう。
日々の洗顔によって油が取れるようにいわゆる角質を取り除くことが、必要不可欠なことですが、肌の健康を阻害する成分ごと、絶対に補給すべき「皮脂」までも徹底的に取り切ってしまうことが、肌の「パサつき」が生じる元凶と言われています。
人気沸騰のハイドロキノンは、シミを目立たなくさせるために薬局などで渡される薬と言えます。有効性は、安い化粧品の美白を謳っている成分の100倍ぐらいの差だと言うに値するレベルです。
毛穴がたるむことでじりじり大きくなるので、肌に潤いを与えようと保湿能力が優れているものを意識して使ったとしても、実は皮膚内部の大事な水分を取り入れるべきことに留意することができなくなるのです。
美白アイテムは、メラニンが入ることで発生する肌のシミ、ニキビ痕や大きな傷化したシミ一般的な肝斑でもOK。高度のレーザーで、肌の出来方が変わっていくことで、皮膚が角化してしまったシミにも効きます。
洗顔においても敏感肌もちの人は丁寧にしてくださいね。肌の角質をなくすべく綺麗な肌に必要な油脂もはがしてしまうと、いつもの洗顔が今一な結果となるに違いありません。
顔に存在するニキビは意外に手間の掛かる病気と言えます。肌にある油毛根がすっきりしないこと、ニキビ菌とか、状況は1つではないと断言します。
希望の美肌を作っていくには、何と言っても、スキンケアにとって肝心となる毎晩の洗顔・クレンジングから学びましょう。連日の繰り返しで、着実に美肌が手に入るでしょう。
皮膚の再生である良く耳にするターンオーバーと言われるのは、布団に入ってから2時までの就寝タイムに為されます。就寝が、身肌作りには考え直してみたい時間とされているので改めたいですね。
シミは一般的にメラニンと呼ばれる色素が皮膚に沈着して生じる、薄黒い円状のもののことと定義付けられています。困ったシミやその黒さ加減によって、相当なシミの名前が存在しています。
潤いを目指した入浴粉が、乾燥肌の問題を抱えている人にお勧めできる物品です。肌に潤い効果をふんだんに取り入れることで、入浴後も顔の潤い成分を減らしにくくすることになります。
遅く就寝する習慣とかコンビニ弁当連続の日々も、顔の肌のバリア機能を弱体化させるので、傷つきやすい肌を生じさせて行きますが、スキンケアのやり方や日頃の生活スタイルを見直すことによって、悩みの種の敏感肌も見違えるようになっていきます。
汚い手でタッチしたり、指でつまんで押さえてみたりして、ニキビ痣として残ったら、元来の状態に早く治癒させることは、できないと思われます。確実な情報を身につけていき、元気な肌を手に入れましょう。
しわが生まれる原因と言ってもいい紫外線は、頬のシミやそばかすの起因と考えられる肌の天敵です。20代の滅茶苦茶な日焼けが、中高年以降最大の問題点として生じてくることがあります。